仏教入門88(文学編)野間宏 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 文学 » 仏教入門88(文学編)野間宏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門88(文学編)野間宏

仏教入門

仏教入門(文学編)


仏教と聞くと、そうしき?と思う人が多いですが、

じつはお釈迦様は、一度も葬式をされませんでした。

ではお釈迦様は一体何を教えられたのでしょうか。

仏教の深い内容は人類の到達した最高の思想といわれ、

世界中の有名人・偉人達からほめたたえられています。

このブログでは、仏教の入門としてもいいように、

そんな仏教をほめたたえる言葉を集めてみました。


■その88 第一次戦後派 野間宏



 京大仏文科出身の野間宏(のまひろし 1915~1991)は、三高時

 代に文学や思想に対する目を開かれ、昭和21年、戦後文学の第

 一声『暗い絵』を発表し、第一次戦後派として文壇に立ちました。

 人間性を否定する社会と、人間とを総合的にとらえ、時代の深層

 において描き出す鮮烈な文学は、時の風化に耐えうる圧倒的な迫

 力をもって、読者の心を捉えてはなしません。


 そんな野間宏は苦しい模索のうちに、道に行き詰まっている現代

 人に仏教・親鸞聖人が必要だということに目覚め、真剣に取り組

 みました。『親鸞』という小説では、親鸞聖人に対して、次のよ

 うな、野間宏としては最大級の賛辞を送っています。



 その時代の矛盾、悪の一切を自分の身に引き受け、その重みによ

 ってひとりでに時代の底に沈み続けて、ついに時代をその底から

 越え出て行ったのである。            『親鸞』



 では、その親鸞聖人は何を教えられているのか。
 
 以下のサイトにまとめてあります。
 
 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/92-3c427cab

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。