仏教入門84(社会学編)小野清一郎 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 社会 » 仏教入門84(社会学編)小野清一郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門84(社会学編)小野清一郎

仏教入門

仏教入門(社会学編)


仏教と聞くと、そうしき?と思う人が多いですが、

じつはお釈迦様は、一度も葬式をされませんでした。

ではお釈迦様は一体何を教えられたのでしょうか。

仏教の深い内容は人類の到達した最高の思想といわれ、

世界中の有名人・偉人達からほめたたえられています。

このブログでは、仏教の入門としてもいいように、

そんな仏教をほめたたえる言葉を集めてみました。


■その84 法曹界の重鎮 小野清一郎




 東大名誉教授で法曹会の重鎮、小野清一郎(おの せいいちろう、

 1891~1986)は東大独法科を首席で卒業し、客観主義の法哲学

 刑法理論を展開し、戦後の刑法学会に多大な影響を与えた刑法学

 者であり、弁護士です。

 学生時代に病苦と貧困のなかで出会い、深い感銘をうけた『歎異

 抄』に大きな影響を受け、次のように語っています。



『私がはじめて歎異鈔を読んで深い感銘をうけたのは、私が盛岡中

学校3年か4年生で、十五、六歳の頃であった。そのときから、八

十二歳の今日に至るまで、歎異鈔を身辺から離したことはない。



 では、その歎異抄には何が教えられているのか。
 
 以下のサイトにまとめてあります。
 
 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/88-8d21df05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。