仏教入門74(文学編)芥川龍之介 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 文学 » 仏教入門74(文学編)芥川龍之介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門74(文学編)芥川龍之介

仏教入門

仏教入門(文学編)


仏教と聞くと、そうしき?と思う人が多いですが、

じつはお釈迦様は、一度も葬式をされませんでした。

ではお釈迦様は一体何を教えられたのでしょうか。

仏教の深い内容は人類の到達した最高の思想といわれ、

世界中の有名人・偉人達からほめたたえられています。

このブログでは、仏教の入門としてもいいように、

そんな仏教をほめたたえる言葉を集めてみました。

──────────────────────────────

■その74 天才 芥川龍之介

──────────────────────────────

 天才・芥川龍之介(あくたがわ りゅうのすけ 1892~1927)は、

 芥川竜之介 仏教入門
 芥川龍之介(Wikipedia)

 『あの頃の自分の事』という文章に、

「釈迦伝から材料を取つた三幕物の戯曲を書いてゐた。」と回想し

 ているように、仏教から色々な文学を生み出しています。

 仏教説話集『今昔物語』を「美しいなまなましさ」「野蛮に輝い

 ている」と評し、ここから『羅生門』『鼻』が生まれています。

 また、八宗の祖と、あらゆる仏教の宗派からたたえられる龍樹菩

 薩(ナーガールジュナ)も、『鼻』『俊寛』『青年と死』など、

 色々な作品に登場します。


 さらに、仏典から製作されたと言われる、「いろは歌」に対して

 は、次のように言っています。


──────────────────────────────

 我々の生活に欠くべからざる思想は、あるいは「いろは」短歌に

 尽きているのかもしれない。

──────────────────────────────

 では、そのいろは歌には何が教えられているのか。
 
 以下のサイトにまとめてあります。
 
 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/78-1ffb7687

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。