仏教入門58(文学編)辻潤  - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 文学 » 仏教入門58(文学編)辻潤 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門58(文学編)辻潤 

仏教入門

仏教入門(文学編)


仏教と聞くと、そうしき?と思う人が多いですが、

じつはお釈迦様は、一度も葬式をされませんでした。

ではお釈迦様は一体何を教えられたのでしょうか。

仏教の深い内容は人類の到達した最高の思想といわれ、

世界中の有名人・偉人達からほめたたえられています。

このブログでは、仏教の入門としてもいいように、

そんな仏教をほめたたえる言葉を集めてみました。


■その58 思想家 辻潤



 オスカー・ワイルドなどの翻訳を手がけた辻潤(つじ じゅん、

 1884~1944)は、翻訳家・思想家で、代表的なダダイストとして

 世間から一目置かれるようになりました。その著作は春秋社の世

 界大思想全集にもとりあげられています。そんな辻潤歎異鈔

 繰り返し読み、信心獲得を目指していました。



 自分も幾度か「歎異抄」という書をくりかえして読んで、親鸞の

 説に傾倒しているのだが、いかんせん未だに親鸞のような絶大な

 信仰を獲得することが出来ないから、自分ではなさけないことだ

 と考えているばかりで、どうかしてそのような「安心立命」を得

 たいものだとひそかに念じてはいるのである。



 では、その歎異抄には何が教えられているのか。
 
 以下のサイトにまとめてあります。
 
 仏教に学ぶ生きる意味

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/62-5390cd90

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。