仏教入門57(哲学編)西田幾多郎 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 哲学 » 仏教入門57(哲学編)西田幾多郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門57(哲学編)西田幾多郎

仏教入門

仏教入門(哲学編)


仏教と聞くと、そうしき?と思う人が多いですが、

じつはお釈迦様は、一度も葬式をされませんでした。

ではお釈迦様は一体何を教えられたのでしょうか。

仏教の深い内容は人類の到達した最高の思想といわれ、

世界中の有名人・偉人達からほめたたえられています。

このブログでは、仏教の入門としてもいいように、

そんな仏教をほめたたえる言葉を集めてみました。


その57 西田幾多郎



 浄土真宗の家に生まれた西田幾多郎は、

 仏教入門 西田幾多郎
 西田幾多郎(Wikipedia)

随筆『愚禿親鸞』に次のように書いています。



吉水一門の奇禍に連(つらな)り北国の隅に流されながら、もし我(われ)

配所に赴かずんば何によりてか辺鄙の群類を化せんといって、法を見て

人を見なかった親鸞上人の人格は頗る趣を異にしたものといわねばならぬ。



『我が子の死』では、以下のように記しています。



 『歎異抄』に「念仏はまことに浄土に生るゝ種にてや

はんべるらん、また地獄に 堕つべき業にてやはんべるらん、総じてもて

存知せざるなり」

といえる尊き信念の面影をも窺うを得て、無限の新生命に接することが

できる。



『絶対矛盾的自己同一』では、



 親鸞聖人が『歎異抄』においての善人なおもて往生

をとぐ、いわんや悪人をやという語、深く味わうべきである。



 では、その歎異鈔には何が教えられているのか。
 
 以下のサイトにまとめてあります。
 
 仏教に学ぶ生きる意味

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/61-7f5e81ed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。