仏教入門54(日本史編)東条英機 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 日本史 » 仏教入門54(日本史編)東条英機

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門54(日本史編)東条英機

仏教入門

仏教入門(日本史編)


仏教と聞くと、そうしき?と思う人が多いですが、

じつはお釈迦様は、一度も葬式をされませんでした。

ではお釈迦様は一体何を教えられたのでしょうか。

仏教の深い内容は人類の到達した最高の思想といわれ、

世界中の有名人・偉人達からほめたたえられています。

このブログでは、仏教の入門としてもいいように、

そんな仏教をほめたたえる言葉を集めてみました。


■その54 第40代内閣総理大臣 東条英機



 東条英機(1884~1948)は、第40代内閣総理大臣在任中に太平洋

東条英機 仏教入門
 東条英機(wikipedia)

 戦争を開戦します。また、陸軍大臣など複数の大臣、参謀総長を

 も兼任し、その頭の切れることは、カミソリ東条と恐れられまし

 た。しかし62年前の今日、敗戦の後は、東京裁判にてA級戦犯

 となります。


1 まず、それまで信じていた国家神道をも否定し、

  政治家は仏教を学ぶべきだと主張。


『自分は神道は宗教とは思わない。私は今、

 正信偈と一緒に浄土三部経を読んでいますが、今の政治家の如き

 はこれを読んで、政治の更正を計らねばならぬ。人生の根本問題

 が書いてあるのですからね。』



2 また、戦争により多くの人を犠牲にした自己をふりかえっては、


『有難いですなあ。私のような人間は愚物も愚物、罪人も罪人、

 ひどい罪人だ。私の如きは、最も極重悪人ですよ。』

 と深く懺悔し、


3 自分を死刑にしたアメリカに対してまで、


『いま、アメリカは仏法がないと思うが、これが因縁となって、

 この人の国にも仏法が伝わってゆくかと思うと、これもまた

 ありがたいことと思うようになった』


 と、相手の仏縁を念じて、

 1948年12月23日午前零時1分、絞首台に勇んで

 立っていったと言われます。 (花山信勝『巣鴨の生と死』)

 
 一体何が起きたのでしょうか……。

 その秘密は、
 
 以下のサイトにまとめてあります。
 
 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/58-cf4309ef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。