仏教入門52(文学編)ロマン・ロラン - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 文学 » 仏教入門52(文学編)ロマン・ロラン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門52(文学編)ロマン・ロラン

仏教入門

仏教入門(文学編)


仏教と聞くと、そうしき?と思う人が多いですが、

じつはお釈迦様は、一度も葬式をされませんでした。

ではお釈迦様は一体何を教えられたのでしょうか。

仏教の深い内容は人類の到達した最高の思想といわれ、

世界中の有名人・偉人達からほめたたえられています。

このブログでは、仏教の入門としてもいいように、

そんな仏教をほめたたえる言葉を集めてみました。


■その52 ノーベル賞作家 ロマン・ロラン



 フランスの文豪、ロマン・ロラン(Romain Rolland 1866~1944)

  ロマン・ロラン 仏教入門
ロマン・ロラン(左)とガンジー(wikipedia)

 は、トルストイやミケランジェロの生涯を描き、ベートーベンの

 生涯を描いた主著『ジャン・クリストフ』により、1915年にノー

 ベル文学賞を受賞しています。平和主義者・ヒューマニストとし

 て、戦争・ファシズムと戦いました。

 日本に大ブームを巻き起こした倉田百三の『出家とその弟子』を

 読んで感動し、倉田百三に手紙を送って激賞しました。

 『出家とその弟子』のフランス語版には、序文まで添え、次のよ

 うに絶賛しています。


 「現代のアジアにあって、宗教芸術作品のうちでもこれ以上に純

  粋なものを私は知らない」


 さらには、次のような文学的な表現で親鸞聖人をフランスの人々

 に紹介しています。 (岩波文庫 『出家とその弟子』 )



 「親鸞聖人(1173-1262)は、十三世紀に日本仏教の最

  大宗派である真宗を創設した。貴族の血を引き、京都近郊に生

  まれた彼は、人間と無限との心やさしき仲介者として師法然の

  あとを引き継ぎ、天と地を近づけ、仏陀の恵みを万人の手の届

  くものとした。」


 
 寛容と柔和の師親鸞は、道に迷った弟子たちに手をさしのべ、

 阿弥陀の光にみちた「浄土」へ向かわせる。

 …… 

 その救いは、選ばれた少数の人間の特権などではない。

 それは万人に開かれている。



 では、その仏教には何が教えられているのか。
 
 以下のサイトにまとめてあります。
 
 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/56-2605d63e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。