仏教入門48(文学編)夏目漱石 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 文学 » 仏教入門48(文学編)夏目漱石

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門48(文学編)夏目漱石

仏教入門

仏教入門(文学編)


仏教と聞くと、そうしき?と思う人が多いですが、

じつはお釈迦様は、一度も葬式をされませんでした。

ではお釈迦様は一体何を教えられたのでしょうか。

仏教の深い内容は人類の到達した最高の思想といわれ、

世界中の有名人・偉人達からほめたたえられています。

このブログでは、仏教の入門としてもいいように、

そんな仏教をほめたたえる言葉を集めてみました。


■その48 明治の文豪 夏目漱石



 明治の文豪、夏目漱石(なつめそうせき、1867~1916)は、帝大

夏目漱石 仏教入門
 夏目漱石(Wikipedia)

 時代に正岡子規に俳句を学び、卒業後、イギリスへ留学。帰国し

 て東大講師を勤めながら『吾輩は猫である』などを発表してゆき

 ました。当初、人生に対して余裕を持ってのぞむ『余裕派』と言

 われていましたが、実際は、文明開化により、急速に流れ込む圧

 倒的な西洋文明の中で、「上滑り」に苦しんでいました。


 例えば『坊っちゃん』なら、「坊っちゃん」はそれまでの日本の

 象徴、教頭先生の「赤シャツ」は西洋文明の象徴としてその葛藤

 を描き、坊っちゃんは最終的に赤シャツに勝利したわけではあり

 ません。

 そんな中、漱石は、『模倣と独立』の中で、親鸞聖人をあげて、

 大変に独立的だと、次のようにほめたたえています。



 親鸞聖人に初めから非常な思想があり、非常な力があり非常な強

 い根底のある思想を持たなければ、あれ程の大改革はできない。


 彼は人間の代表者であるが、自己の代表者である。



 では、その親鸞聖人は何を教えられたのか。
 
 以下のサイトにまとめてあります。
 
 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/52-13b176ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。