仏教入門47(文学編)倉田百三 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 文学 » 仏教入門47(文学編)倉田百三

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門47(文学編)倉田百三

仏教入門

仏教入門(文学編)


仏教ってあやしいと思うんだけど、

知識人の人たちはどう思っているのかな?

非常識な

仏教入門


として


その47 倉田百三



  劇作家、評論家である倉田百三(くらたひゃくぞう、1891~1943)

 倉田百三 仏教入門
 倉田百三(Wikipedia)

 は、旧制一高に入学しましたが、21歳で肺結核を患いを中退。

 以後40余歳まで闘病生活が続きました。病床で執筆活動を続け、

 生命力みなぎる青春文学を世に送り出しました。親鸞聖人とその

 弟子唯円(歎異鈔の著者といわれています)を描いた『出家とそ

 の弟子』もその代表的作品で、発表と同時に当時の青年たちに熱

 狂的に支持され、大ベストセラーとなりました。世界各国で翻訳

 され、フランスの文豪ロマン・ロランが絶賛したことでも有名で

 す。 歎異鈔についても、次のように大絶賛しています。



歎異鈔』の「悪をも恐るべからず、弥陀の本願をさまたぐるほ

 どの悪なきが故に。」これは恐ろしい表現である。世界のどの経

 典にこんな恐ろしい、大胆な表現があるか。ニーチェでも、トル

 ストイでも、ボードレールでも、これを読んだら驚くだろう。ト

 ルストイの如きは、八十二歳の家出後において死なずにこれを読

 んだら、更に転心して念仏に帰しはしなかったであろうか。』

 (『法然と親鸞の信仰』)



 では、その歎異抄や、そもそも仏教には何が教えられているのか。
 
 以下のサイトにまとめてあります。
 
 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/51-55ac0d0a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。