仏教入門40(文学編)亀井勝一郎 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 文学 » 仏教入門40(文学編)亀井勝一郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門40(文学編)亀井勝一郎

仏教入門

仏教入門(日本史編)


仏教ってあやしいと思うんだけど、

知識人の人たちはどう思っているのかな?

非常識な

仏教入門


として文芸評論家・亀井勝一郎さんに聞いてみましょう。


■その40 亀井勝一郎



 大学入試にもよくその文章が出題される亀井勝一郎(かめい かつ

 いちろう、1907~1966)は、東京帝国大学文学部美学科出身、小林

 秀雄と並び称される有名な文芸評論家です。

 太宰治と仲が良く、菊池寛、武者小路実篤とも親交がありました。

 武者小路実篤の『人生論』を解説つきで出してベストセラーにし、

 自らの、人生論、恋愛論もベストセラーとなっています。

 美術論、人生論、文明論、文学論など人間原理に根ざした著作を

 多く連載していますが、仏教の中では、特に親鸞聖人を深く尊敬

 しています。



 親鸞を語ることは私にとって、人生を語るに等しい。私のまず最

 初に言うべきことは、親鸞に出会ったという、その謝念でなけれ

 ばならぬ。



 では、その親鸞聖人は何を教えられたのか。
 
 以下のサイトにまとめてあります。
 
 仏教に学ぶ生きる意味

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/44-755c2dfe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。