仏教入門35(文学編)井上靖 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 文学 » 仏教入門35(文学編)井上靖

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門35(文学編)井上靖

仏教と聞くと、そうしき?と思う人が多いですが、

じつはお釈迦様は、一度も葬式をされませんでした。

ではお釈迦様は一体何を教えられたのでしょうか。

仏教の深い内容は人類の到達した最高の思想といわれ、

世界中の有名人・偉人達からほめたたえられています。

このブログでは、仏教の入門としてもいいように、

そんな仏教をほめたたえる言葉を集めてみました。


■その35 井上靖



 2007年、NHK大河ドラマ『風林火山』の原作者、井上靖

 (いのうえやすし、1907~1991)は昭和を代表する、北海道出

 身の芥川賞作家です。

 他にも、『敦煌』や、『あすなろ日記』などの自伝的作品も映

 画化されています。京都帝国大学文学部哲学科出身で、

 「私は、文章は正確であることをもって貴しとしている」と言

 っており、ことに歴史小説を中心にして各国語に翻訳され、し

 ばしばノーベル文学賞の候補にあげられていました。

 
 最後、83才で亡くなりましたが、生前、次のように言って

 いました。


「人類が、今日ほど、親鸞聖人を必要としている秋はない。」


「あと七年生きて、親鸞聖人を書きたい。」


 では、その親鸞聖人は何を教えられたのでしょうか。

 以下のサイトにまとめてあります。

 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/39-c9eb61a0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。