仏教入門33(文学編)H・G・ウェルズ - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 文学 » 仏教入門33(文学編)H・G・ウェルズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門33(文学編)H・G・ウェルズ

仏教入門

仏教入門(文学編)


仏教ってあやしいと思うんだけど、

知識人の人たちはどう思っているのかな?

今回は、非常識な

仏教入門


としてSFの父に聞いてみましょう。


その33 H・G・ウェルズ



 ジュール・ヴェルヌとともに「SFの父」と呼ばれるH・G・ウェルズ

 ウェルズ 仏教入門
 H・G・ウェルズ(Wikipedia)

(Herbert George Wells, 1866~1946)は子供の頃両足を折って

 入院していた時、沢山の本を読み、そこから文学へ興味を持ちました。

 「タイムマシン」「透明人間」等、SFの名作を数多く生

 み出していますが、中でも「宇宙戦争」は後のハロウィンの

 ラジオ放送でのオーソン・ウェルズの演出があまりに真に迫っており、

 ニュースと勘違いした人たちが、本当に火星人が攻めて来た、と

 大騒動になったのは、有名な話です。

 1914年「解放された世界」では、1950年代を舞台に、核兵器と全世界

 規模の戦争を描き、まだ存在してもいない世界初の核廃絶運動を

 始めました。
 

 第一次世界大戦を経験した後は、人類の前途に対する深い憂慮を
 
 背景にした作品を書くようになりました。国際連盟も、世界の破

 滅を防ぐ為のウェルズの発案です。


 そのウェルズは、世界の偉人のトップに釈尊を挙げ、



私は公平に、どの点から見ても、世界で最大の偉人は、

 仏陀釈迦牟尼仏である」



 と言っています。


 では、そのお釈迦様は、仏教に何を教えられたのでしょうか。

 以下のサイトにまとめてあります。

 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/37-0e1d1af5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。