仏教入門32(文学編)司馬遼太郎 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 文学 » 仏教入門32(文学編)司馬遼太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門32(文学編)司馬遼太郎

仏教入門

仏教入門(文学編)


仏教ってあやしいと思うんだけど、

知識人の人たちはどう思っているのかな?

非常識な

仏教入門


として累計発行部数2億部を超える、超有名作家の方に聞いてみましょう。


その32 司馬遼太郎



 司馬遼太郎(しばりょうたろう,1923~1996)は、大阪外語大出

 身の直木賞作家です。

 作風は、非合理、神秘主義を否定し、現実主義の立場で、人物を

 中心にすえた歴史物が多く、それは中国の歴史家、司馬遷の史記

 『列伝』の形式にならっています。本名は福田定一で「司馬遼太郎

 というのは、司馬遷に遼(はるか)に及ばず、の意味です。

 が、小説家の中でも最も著書が多く、累計発行部数は2億部に近

 い、日本大衆文学の巨匠です。

 「功名が辻」「翔ぶが如く」「徳川慶喜」「国盗り物語」「竜馬

 がゆく」「坂の上の雲」など、7作が、大河ドラマの原作となっ

 ている、超有名作家です。

 その司馬遼太郎は、次のように言っています。

「鎌倉時代というのは、一人の親鸞を生んだだけでも偉大だった。」



 では、その仏教には何が教えられているのでしょうか。

 以下のサイトにまとめてあります。

 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/36-f86401b9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。