仏教入門27(哲学編)三木清 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 哲学 » 仏教入門27(哲学編)三木清

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門27(哲学編)三木清

仏教と聞くと、そうしき?と思う人が多いですが、

じつはお釈迦様は、一度も葬式をされませんでした。

ではお釈迦様は一体何を教えられたのでしょうか。

仏教の深い内容は人類の到達した最高の思想といわれ、

世界中の有名人・偉人達からほめたたえられています。

このブログでは、仏教の入門としてもいいように、

そんな仏教をほめたたえる言葉を集めてみました。


その27 三木清



 日本の三哲の3人目は、三木清(みききよし, 1897~1945) です。

 三木清 仏教入門
 三木清(Wikipedia)

 第一高等学校から京都大学に進み、西田幾多郎に学びました。

 さらに岩波文庫を創刊した岩波茂雄の援助でドイツへ留学。20

 世紀最大の哲学者・ハイデッガーに学んでいます。ちなみに岩波

 文庫の巻末にある「読者子に寄す」は作者が書いてありませんが、

 実は三木清です。


 抜群の語学力を生かして、ヨーロッパ最先端の知的成果を取り入

 れてきた三木清でしたが、晩年は、浄土真宗の親鸞聖人の著書

 『教行信証』の哲学に心酔し、

「『教行信証』は思索と体験とが渾然として一体をなした稀有の書

 である。」

 と、驚いています。

 また、48才の若さで亡くなっていますが、


「最近の禅の流行にもかかわらず、私にはやはりこの平民的な浄土

 真宗がありがたい。おそらく私はその信仰によって死んでゆくの

 ではないかと思う。」


 と、最後まで、遺稿となった『親鸞』を書き続けました。


 では、その親鸞聖人は、何を教えられたのでしょうか。

 以下のサイトにまとめてあります。

 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/31-5fce5c61

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。