仏教入門23(世界史編)アショーカ王 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 世界史 » 仏教入門23(世界史編)アショーカ王

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門23(世界史編)アショーカ王

仏教と聞くと、そうしき?と思う人が多いですが、

じつはお釈迦様は、一度も葬式をされませんでした。

ではお釈迦様は一体何を教えられたのでしょうか。

仏教の深い内容は人類の到達した最高の思想といわれ、

世界中の有名人・偉人達からほめたたえられています。

このブログでは、仏教の入門としてもいいように、

そんな仏教をほめたたえる言葉を集めてみました。


その23 アショーカ王




マガダ国マウリヤ朝第3代・アショーカ王(A-soka在位:前268頃~
アショーカ王 仏教入門
 アショーカ王(Wikipedia)

前232頃)は、史上初めてインド全土をほぼ統一しました。しかも、

西はアフガニスタン南部、東はガンジス河下流域、南はデカン高原

までの、インド史上最大面積をおめさた、最強の王です。

ところが、仏教を守護し、広めた王として、大変有名で、

第三回仏典結集も行っています。


王となって10年目頃から、釈尊ゆかりの地を回り、「法の政治」を

命じ、それが実行されているのかどうかを確認してまわる

「法の巡幸」を始めました。


また、仏教の教えを広めようと、スリランカやエジプト、マケドニ

アなどのヘレニズム諸国にまで使いを派遣しています。


初転法輪が行われた地にアショーカ王が作った、獅子が四方に吼え

ている記念塔の台座に刻まれた「法輪」は、現在もインドの国旗の

中央に描かれています。


では、その仏教には、何が教えられているのでしょうか。

以下のサイトにまとめてあります。

仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/27-946f7b2a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。