仏教入門223 サピエンス全史でも仏教的結論 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 世界史 » 仏教入門223 サピエンス全史でも仏教的結論

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門223 サピエンス全史でも仏教的結論

世界的な大ベストセラーになっている

『サピエンス全史』

人類発生からの何十万年の歴史を独自の視点で

たどっています。


納得感のある解説をたどっていくと、

衝撃的な主張が現れてきます。

それが、人類は何十万年の歴史の中で、

少しも幸福になっていないということです。



不幸に、人類による地球支配はこれまで、
私たちが誇れるようなものをほとんど生みだしていない
中略
だが、世の中の苦しみの量を減らしただろうか?(中略)
個々の人間の幸福は必ずしも増進しなかった(サピエンス全史)



では、一体どうすればいいのか

サピエンス全史では、

宗教についても考察し、

中でも仏教を讃えています。



仏教は幸福の問題を重要視し、二千五百年にわたって、
幸福の本質と根源について、体系的に研究してきた。
(サピエンス全史)



そして私たちが幸福になれない原因は、
経済発展や、科学の進歩ではなく、
心に原因があるとして、
このように言っています。


最大の問題は、自分の真の姿を見抜けるかどうかだ
(サピエンス全史)



しかしやはり、この本では、ここで終わってしまい、

これでは何か新しいことを言っているとは言えません。

本当の心に問題があるくらいのことなら、

人類の歴史を研究しなくても

あなたも分かっていたのではないでしょうか?


では、どのように問題があるのか、

仏教に説かれる苦しみ悩みに終わりがない本当の原因を

小冊子にまとめました。

右のサイドメニューあたりから

ダウンロードして読んでみてください。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/244-ab01e5ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。