仏教入門221 ショーペンハウアー - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!驚愕の正しい仏教入門!by中村僚

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!驚愕の正しい仏教入門!by中村僚 ホーム » スポンサー広告 » Category: None » 仏教入門221 ショーペンハウアー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門221 ショーペンハウアー

仏教入門221 ショーペンハウアー



ショーペンハウアー(Arthur Schopenhauer 1788~1860)は、

31才で主著『意志と表彰としての世界』を出版すると、本を出さなくなります。

やがて19年後『自然における意志について』を世に出します。

それは、冒頭に書かれたように
「著者の哲学が登場して以来、経験的諸科学によって
その正しさが保証されたことを論ずる」
ためでした。

その最後のほうに、ショーペンハウアーは仏教について論じ、

(この宗教は)その内的卓越性と内的真理ゆえに、
あらゆるもののなかの第一等とみなされるべきである。

(ショーペンハウアー『自然における意志について』)


と書いています。

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/242-4d4aeb3a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。