仏教216 デール・カーネギー - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » ビジネス » 仏教216 デール・カーネギー

仏教216 デール・カーネギー

「人を動かす」「道は開ける」などの

自己啓発書で有名な

デール・カーネギー

彼もまた、仏教について学び、

その著作の中に、お釈迦さまについて引用しています。

仏教216デール・カーネギー



例えば有名な、「人を動かす」。

「重要感を持たせる」というところで、

このように言っています。




常に相手に重要感を持たせること。

キリストより五百年早く、

釈迦は、聖なる川ガンジスのほとりで、これを説いた。

デール・カーネギー「人を動かす」



また、次のお釈迦さまのお言葉を引用しており、

以下の言葉は、西洋でもよく引用される、

大変有名な言葉です。




ナポレオンの執事コンスタントは、皇后のジョセフィンとよく撞球をした。

彼の書いた”ナポレオンの私生活回想録”に、次のような告白が出ている──

「私の撞球の腕前は相当なものだったが、皇后には、いつも勝ちを譲るようにした。

それが、皇后にとっては、たいへんうれしかったらしい」

この告白は、貴重な教訓をふくんでいる。われわれも、顧客や恋人、あるいは夫や妻と

口論をするようなことがあった場合、勝ちを相手に譲ろうではないか。

釈尊いわく──

「憎しみは、憎しみをもってしては永久に消えない。

愛をもってしてはじめて消える」





では、仏教には、一体どんなことが説かれているのでしょうか。

以下のサイトにまとめてあります。

生きる幸福仏教

また、新しく、以下の哲学サイトもできました。

哲学.jp

西洋哲学の巨大な欠陥と、あなたが哲学を学ぶ本当の意味。

現代哲学の目から、生きる意味について体系的に論じています。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/237-81edb241