仏教入門198(文学)青木新門氏 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 文学 » 仏教入門198(文学)青木新門氏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門198(文学)青木新門氏


 第81回米アカデミー賞外国語映画賞を受賞した映画

おくりびと」のもとになった作家、早稲田大学出身の

青木新門氏の

インタビューが毎日新聞に掲載されていました。

仏教198青木新門氏


おくりびと」のもとになった「納棺夫日記」は、

 納棺夫として多くの死と向き合った特異な体験とともに

 親鸞聖人の教えとの出会いを書いた宗教の書でもあります。


ところで、青木新門氏は「おくりびと」の原作者ではありません。

原作者になることを断られたそうです。

一体なぜなのでしょうか。

このように言っています。



 映画の出来映えもすばらしかったが、肝心の宗教がカットされて

 ヒューマニズムにとどまっている。これでは死者がどこへ行ったか

 わからない。それで原作者になることを辞退したんです。



では、肝心の部分は、どこにあったのでしょうか。

次のように言っています。



 「教行信証」には私が死者と接しながら体験したことに対する

 答えがすべて書かれていたんです。

                 (毎日新聞2010年6月29日(火))



 では、本来、親鸞聖人は、仏教には何が教えられているのでしょうか。

 いまだにほとんど知られていない秘密を

 以下のサイトにまとめてあります。

 生きる意味幸福
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/212-5fa126ab

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。