仏教入門197日経ビジネス歴史に学ぶ金言名言 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » ビジネス » 仏教入門197日経ビジネス歴史に学ぶ金言名言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門197日経ビジネス歴史に学ぶ金言名言

日経ビジネスAssocie歴史に学ぶ金言・名言を読みました。

仏教入門197日経ビジネスAssocie


大混乱を突き抜けた言葉

というページに、歎異抄に記された親鸞聖人

「善人なおもて往生をとぐいわんや悪人をや」

について特集されていました。

「善人でさえ浄土へ生まれることができる、ましてや悪人は、なおさらだ。」

という意味で、『歎異抄』でも特に知られる、

日本思想史上、もっとも有名な言葉といわれます。

衝撃的な内容だけに、大変な誤解も生みました。

今回の特集にも、

悪人にこそ救われる資格があるとあり、

意訳として、ダメ営業マンをダメだと切り捨てるのではなく、

上司としてはどうしてそうなったのか、事情を理解して

やることも大切とか。

残念ながら誤解のようです。

しかし、親鸞聖人については、こう書かれていました。



混乱した時代には、偉大な思想家が生まれる。

彼らの言葉には現代にも通じる名言が多い。




これは確かにその通りでしょう。

では、親鸞聖人は、本当は何を教えられたのか。

以下に歎異抄の解説を書いてておきました。

歎異抄.com
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/210-73c715ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。