仏教入門186(ビジネス編)福沢諭吉 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » ビジネス » 仏教入門186(ビジネス編)福沢諭吉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門186(ビジネス編)福沢諭吉

仏教入門(ビジネス編)



みなさま、遅ればせながら、新年のご挨拶を申し上げます。

年末年始忙しく、ようやくブログの記事を更新できました。


今回は、

仏教やってる人って、失礼ながら貧乏でしょ。」

という質問に答え、非常識な

仏教入門


として、あなたのお財布の中にうなっている方にお聞きしてみましょう。


仏教入門186-福沢諭吉



福沢諭吉は、維新後の日本には物質文明が必要であると

痛感し、その普及に全力を尽くし、当時は、俗学者だとか、

拝金宗の親玉だといわれるほど物質的なものに眼を向けました。

ところが、物質文化もひとまず出来上がり、物質文明が謳歌される

ようになると、今度は「世の中には人間以上の力の存在が必ずある。

人々はそれに気付き、高尚敬虔(こうしょうけいけん)な情操を

養わねばならぬ」と言い、仏教徒の子弟などを慶應義塾の学生として

教育し、その中には後に明治年間の名僧と呼ばれる人も出ました。

その著書からさらに自分の著書に引用してお互い高め合っています。

福翁百話には、

「人の心を高度な水準に進めて、ともかくも肉体より上位に位置する

ようにしていくのは、文明社会にとってはこの上なく重要なことである」

と、僧侶になった慶應義塾の学生が表した書を引用し、

次のように書いています。



日本人のほとんどが暗唱している「いろは」四十七文字も、

仏教学から解釈すれば、深遠微妙な理論があることが知られるわけで、

いろは歌作者の超人的な才能は、後世の人を驚かせるものだ、

というしかない。(福翁百話



 では、その仏教いろは歌には

 何が教えられているのでしょうか?

 いまだにほとんど知られていない秘密を

 以下のサイトにまとめてあります。

 生きる意味幸福

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/198-07a3b7c5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。