仏教入門176(文学)サンドラ・シスネロス - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 文学 » 仏教入門176(文学)サンドラ・シスネロス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門176(文学)サンドラ・シスネロス

仏教入門

仏教入門(文学編)


仏教ってあやしいと思うんだけど、

知識人の人たちはどう思っているのかな?

今回は、非常識な

仏教入門


として、新しい時代のアメリカ文学の旗手に聞いてみましょう。


仏教入門76-サンドラ・シスネロス



 アメリカの作家サンドラ・シスネロス(Sandra Cisneros 1954-)

 は、80年に詩集「バッド・ボーイズ」で彗星の如くデビュー、

 全米芸術基金奨励賞を受賞しました。
 

 さらに、マンゴー通りの恵まれない日常を無邪気に受け入れる

 子供の視点から一場面ずつきりとった短編集

 「マンゴー通り、ときどきさよなら仏教入門

 では、大都会の下町ならどこにでもありそうな、メキシコ系アメリカ人

 のすむ、貧しくて不幸で、はちゃめちゃな日常生活を、明るく

 詩やエッセーでえがき、新しい時代のアメリカ文学の旗手と

 絶讃されました。


 最後の「さよなら」に、いつかそんなところを抜け出したい

 という希望が込められ、サンドラ・シスネロスの思いが伝わって

 くるようです。
 

 どこかもの悲しい泣き笑いのような旋律のただようスタイルの

 サンドラ・シスネロスは日本ではまだ翻訳されていない

 「Caramelo」という作品についてのテレビインタビューで

 次のように言っています。



私は仏教徒だし、これまでの私の人生経験や、多くの御恩ある

みなさんを、仏教はちょっぴり深く見つめさせてくれました。

この小説の世界観には、多く仏教思想がでてくると思います。

Well, I'm Buddhist, Ray, and so part of my Buddhism has

me to look a little more deeply at people and the events

in my life that created me.

And I think a lot of that Buddhism comes out in the world

view in this novel.



 では、その仏教には何が教えられているのでしょうか?

 いまだにほとんど知られていない秘密を

 以下のサイトにまとめてあります。

 生きる意味幸福
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/188-982621b5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。