仏教入門174(科学編)竹内均 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 科学 » 仏教入門174(科学編)竹内均

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門174(科学編)竹内均

仏教入門

仏教入門(科学編)


仏教って非科学的なんじゃないの?

今回は非常識な

仏教入門


として東京大学名誉教授、科学雑誌ニュートンの初代編集

長に聞いてみましょう。


仏教入門174-竹内均



 東京大学名誉教授・科学雑誌ニュートンの初代編集長だった
 
 竹内均(たけうち ひとし 1920 - 2004)は、日本を代表する
 
 地球惑星物理学者でした。
 
 地磁気の発生の原因は、マントルの対流によるとのダイナモ理論を
 
 提唱しました。
 
 テープレコーダーによる口述筆記した為、著書は450冊にのぼり、
 
 どんなテープレコーダーにもついている「ポーズボタン」は、
 
 竹内均の発案といわれます。
 
 代表作の一つ、勝間和代さんもお勧めのスマイルズの「自助論仏教入門」(翻訳)には、
 
 ただ大学にいった人よりもむしろ、努力によって自分で勉強して業績を残した
 
 人が多いと沢山の例が記されています。
 
 
 たとえば

 ポーランドのパン屋の息子だったコペルニクスは、天文学上最も
 
 重要な天動説から地動説へと以降する「コペルニクス的転回」を
 
 行い、ドイツの居酒屋の息子ケプラーは、天体の運行に関する
 
 ケプラーの法則を発見しました。
 
 
 続いて、学校ではビリから2番だったニュートンが、
 
 地上と天体の引力の法則を統合して、万有引力の法則を導き、
 
 微分積分を伴う古典力学の体系を築きます。
 
 
 そして実験器具製造業を行っていたワットは、物理・科学は独学し、
 
 蒸気機関を発明しました。
 
 
 続いて炭坑で働いていたスチーブンソンは、数学と測量を独学し、
 
 蒸気機関車を発明します。
 
 このように、努力の結果があらわれることを、竹内均は、
 
 訳者あとがきに仏教の因果の道理を引用して、次のように書いて
 
 います。



 この世は因果応報、善因善果、悪因悪果の世である。
 
 (竹内均訳 スマイルズ 自助論仏教入門



 では、その仏教には何が教えられているのでしょうか?

 いまだにほとんど知られていない秘密を

 以下のサイトにまとめてあります。

 生きる意味幸福
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/186-a8318eb5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。