仏教入門167(歎異抄)吉川英治 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 歎異抄 » 仏教入門167(歎異抄)吉川英治

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門167(歎異抄)吉川英治

仏教入門

仏教入門(歎異抄編)


「善人なおもて往生をとぐ・いわんや悪人をや」

(善人でさえ助かるのだから、悪人はなおさら助かる)

に代表されるパラドックスに満ちあふれ、

不思議な魅力でベストセラーになっている

歎異抄

一体知識人の人たちはどう思っているのかな?非常識な

仏教入門


として今回は、国民的な文学作家に聞いてみましょう。


仏教入門167-吉川英治




 5作品が大河ドラマに採用され、「吉川英治文庫」は160巻をこえる

 吉川英治は、バガボンドの原作となった「宮本武蔵」を書いた

 有名な作家です。

 三国志、新・平家物語、私本太平記、新書太閤記など、

 歴史物を沢山手がけています。

 その吉川英治は、歎異抄について何と言っているでしょうか。

 何と、このような歌をうたっています。



歎異抄 旅にもちきて 虫の声



 青年の頃の旧い拙い句と述懐していますが、

 吉川英治が若い頃に旅に持ってゆく

 その歎異抄には何が教えられているのでしょうか。

 いまだにほとんど知られていない秘密を

 以下のサイトにまとめてあります。

 生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/178-e13767a9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。