仏教入門165(文学編)島崎藤村 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 文学 » 仏教入門165(文学編)島崎藤村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門165(文学編)島崎藤村

仏教入門

仏教入門(文学編)


仏教ってあやしいと思うんだけど、

知識人の人たちはどう思っているのかな?非常識な

仏教入門


として今回は、よく国語の教科書にも出てくる

島崎藤村に聞いてみましょう。


仏教入門165-島崎藤村



最初は詩人として『若菜集』などを刊行した島崎藤村

 島崎藤村 仏教入門
 島崎藤村(Wikipedia)

途中で小説に転じ、『破戒』『春』などで有名な、

代表的自然主義作家となりました。

その、島崎藤村が詩から散文へと移っていく流れ上、

重要な作品が、「千曲川のスケッチ」です。

島崎藤村は、20代後半、小諸義塾の教師になりましたが、

そこで過ごした1年間を描いたものです。

その中で、島崎藤村は、夏休みあけに上級の学生に

お釈迦様がまだ仏のさとりを開かれる前、

釈迦族の王子だった頃の話をしたと記しています。



青年の王子が憂愁に沈みながら、

東西南北の四つの城門から樹園の方へ出て見るという一節は、

私の生徒の心をも引いたらしい。一つの門を出たら、病人に逢った。

人は病まなければ成らないかと王子は深思した。

他の二つの門を出ると、老人に逢い、死者に逢った。

人は老いなければ成らないか、人は死ななければ成らないか。

この王子の逢着する人生の疑問がいかにも簡素に表してある。

最後に出た門の外で道者に逢った。

そこで王子は心を決して、このLifeを解かんが為に、あらゆるものを

破り捨てて行った。(千曲川のスケッチ



 では、あらゆるものを破り捨てて行ったお釈迦様は、この後、
 
 人生を解くことができたのでしょうか?

 実は、解けたのです。

 その仏教には教えられる

 生きる意味の秘密を以下のサイトにまとめてあります。

 生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/176-fcdf5f75

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。