仏教入門152(日本紙編)国枝史郎 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 日本史 » 仏教入門152(日本紙編)国枝史郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門152(日本紙編)国枝史郎

仏教入門

仏教入門(日本史編)


日本が海外に誇る、茶の湯や、活花、日本庭園など、

日本人らしい文化はどこからきたの?

今回は、非常識な

仏教入門


として日本文化の起源を著名な文学者に聞いてみましょう。


その152 国枝史郎



伝奇小説で有名な国枝 史郎(くにえだ しろう 1887 - 1943)は

江戸川乱歩、夢野久作などに続く、怪奇幻想ものブームのさきがけ

ともなっています。

三島由紀夫からは、

「文藻のゆたかさと、部分的ながら幻想美の高さと、

その文章のみごとさと、今読んでも少しも古くならぬ現代性に驚いた」

と賞賛されています。

その一作、「名人地獄」の中でも、日本文化と仏教の関係について、

登場人物がこう言っています。



茶の湯活花、造庭術、風雅の道というものは、皆これ仏教から来ているのだ



 では、その仏教には本来何が教えられているのでしょうか?

 いまだにほとんど知られていない秘密を

 以下のサイトにまとめてあります。

 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/160-f0f1a3c0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。