仏教入門13(科学)ライプニッツ - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 科学 » 仏教入門13(科学)ライプニッツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門13(科学)ライプニッツ

 17世紀のドイツの数学者であり哲学者であったライプニッツ

 ライプニッツ 仏教入門
 ライプニッツ(Wikipedia)

 (Leibniz, 1646~1716)は、また政治家であり、外交官でもあ

 りました。ニュートンと独立して微分積分学を創案し、現在の積

 分記号はライプニッツのものが使われています。その他、論理学

 にも多大な貢献をしています。

 また、東洋哲学から「二進法」という数学を考えつき、それから

 やがてコンピューターが生まれたのは、周知の通りです。

 また、「モナド」という有名な説を打ち立てることが出来たのも

 東洋哲学からだと言われ、仏教についてよく研究していたようです。


 では、その仏教には何が教えられているのでしょうか。
 
 以下のサイトにまとめてあります。

 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

理知的なブログですね★

ブログ初めて読ませていただきました!とても深い内容ですね。更新楽しみにしています

2009-03-23 21:50 │ from kittyURL

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/16-23c65393

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。