仏教入門151(文学編)内村鑑三 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 文学 » 仏教入門151(文学編)内村鑑三

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門151(文学編)内村鑑三

仏教入門

仏教入門(文学編)


仏教ってあやしいと思うんだけど、

知識人の人たちはどう思っているのかな?

非常識な

仏教入門


として、今回は日本のキリスト教徒に聞いてみましょう。


その151 内村鑑三



内村鑑三(うちむら かんぞう、1861~1930)は、

 内村鑑三 仏教入門
 内村鑑三(Wikipedia)

文学者であり、日本人のキリスト教思想家です。

東京に生まれますが、札幌農学校に入学、新渡戸稲造と知り合いました。

明治時代にキリスト教に改宗し、日本独自の無教会主義を唱えました。

ところが、そんな内村鑑三ですが、実はこう言っています。



我等の友はウェスレーなるよりもむしろ法然なり。

ムーディなるよりもむしろ親鸞なり。

我国の源信僧都、法然上人、親鸞上人も亦我が善き信仰の友である。

ルーテル、ウェスレー、ムーディーに対するよりも、源信、法然、

親鸞に対しより近く感ずるは止むを得ない



 では、その仏教には何が教えられているのでしょうか?

 いまだにほとんど知られていない秘密を

 以下のサイトにまとめてあります。

 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/159-7bab69e9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。