仏教入門149(芸術編)未生斎一甫 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 芸術 » 仏教入門149(芸術編)未生斎一甫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門149(芸術編)未生斎一甫

仏教入門

仏教入門(芸術編)


仏教って芸術に何か影響を与えているの?

と思ったらとんでもないことです。

今回は、非常識な

仏教入門


として日本の伝統芸術、生け花のある有力な一派の創設者に

お聞きしてみましょう。


その149 未生斎一甫



 江戸時代後期、化政文化によって町人文化が花開いた文化4年、
 
 伝統的な華道の流派、未生流が大阪にて産声を上げました。
 
 創設者、未生斎一甫(みしょうさいいちほ1761~1824)の元に
 
 多くの弟子が集まり、今日も西日本を中心に発展しています。
 
 その未生斎一甫は、伝書七巻、最終巻に、次のように記しています。



一草一木と雖(いえど)も皆これ仏徳の示現



 では、その仏教には何が教えられているのでしょうか?

 いまだにほとんど知られていない秘密を

 以下のサイトにまとめてあります。

 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/157-92a1d648

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。