仏教入門147(科学編)K.C.コール - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 科学 » 仏教入門147(科学編)K.C.コール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門147(科学編)K.C.コール

仏教入門

仏教入門(科学編)



仏教って非科学的なんじゃないの?

それでは非常識な

仏教入門


として科学者の人に聞いてみましょう。


その147K.C.コール



 K.C.コール氏は、ロサンゼルス・タイムズ紙のサイエンスライターで、

 1995年には、アメリカ物理学会ベスト・サイエンス・ライティング賞を

 受賞しています。

 カリフォルニア大学で物理学も教えています。

 20年以上、「無」の研究をしており、「無」を科学的に考察した

 『無の科学』には、仏教についてこのように書いています。



仏教は、たしかに厳密なテストを経てきた科学の確証を、

もっているわけではない。

けれど最近では仏教徒と物理学者のあいだで、しだいに会話が

交わされるようになってきた。


現実には、観察者と観察される者という、絡み合って決して

切り離すことのできない二人の役者が必要なのだ、と量子物理学も

仏教も繰り返し教えている。


「無」をポテンシャルと考えるこのアイディアは、興味深いことに、

無を無限のポテンシャルとする仏教の見方、そのものを反映している。



 では、その仏教には何が教えられているのでしょうか?

 いまだにほとんど知られていない秘密を

 以下のサイトにまとめてあります。

 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/155-1c63f2f3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。