仏教入門145(歎異抄編)西田幾多郎 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 歎異抄 » 仏教入門145(歎異抄編)西田幾多郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門145(歎異抄編)西田幾多郎

仏教入門

仏教入門(歎異抄編)



歎異抄は、日本思想史上最も有名といわれる

「善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや」

に象徴されるように、全編が謎めいた逆説に満ちています。


500年前から禁書として封印されていましたが、

100年前に封印がとかれて以来、

変幻自在の表現は、読者を翻弄し続けてやまず

800冊以上の解説書が出ています。

今回は、非常識な

仏教入門

として

歎異抄について知識人や文化人の人に聞いてみましょう。


その145 西田幾多郎




 日本の三大哲学者といっても、トップにあげられるのが、

 西田幾多郎です。

 西田幾多郎 仏教入門
 西田幾多郎(Wikipedia)


 その西田幾多郎は、仏教についても深く研究しており、

 晩年は、浄土真宗の方向へと向かっていました。

 そんな第二次世界大戦のさなか、空襲の火災の前で

 こういったそうです。



「一切の書物を焼失しても、『歎異抄』が残れば我慢できる」



 では、その歎異抄には何が教えられているのでしょうか?

 いまだにほとんど知られていない秘密を

 以下のサイトにまとめてあります。

 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/153-9364264b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。