仏教入門139(歎異抄編)齋藤孝 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 歎異抄 » 仏教入門139(歎異抄編)齋藤孝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門139(歎異抄編)齋藤孝

仏教入門

仏教入門(歎異抄編)



歎異抄は、日本思想史上最も有名といわれる

「善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや」

に象徴されるように、全編が謎めいた逆説に満ちています。


500年前から禁書として封印されていましたが、

100年前に封印がとかれて以来、

変幻自在の表現は、読者を翻弄し続けてやまず

800冊以上の解説書が出ています。

今回は、非常識な

仏教入門

として

歎異抄について知識人や文化人の人に聞いてみましょう。


その139 齋藤孝



 齋藤孝氏は、1960年静岡県生まれ。

 東大法学部を卒業し、現在は明治大学文学部教授です。

 専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。

 独自の教育論を展開し、小学生対象の学習塾も行っています。

 大量の著書があり、「声に出して読みたい日本語」は特に有名です。


 その中、『声に出して読みたい日本語 音読テキスト (3)歎異抄』

 に、次のように記しています。



『歎異抄』を声に出して読むと、親鸞が生の声で自分に語ってくれて

いるという感触が伝わってきます



この(歎異抄の)言葉そのものに出会うことができなかったとしたら、

おそらく、日本人にとっては非常に大きな損失であったでしょう。



 では、その歎異抄には何が教えられているのでしょうか?

 いまだにほとんど知られていない秘密を

 以下のサイトにまとめてあります。

 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/147-7bc806c7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。