仏教入門135(心理学編)アラン・ワッツ - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 心理学 » 仏教入門135(心理学編)アラン・ワッツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門135(心理学編)アラン・ワッツ

仏教入門

仏教入門(心理学編)


相手と自分の心の中は知りたいけど、

心理学の方がずっといいんじゃないの?

非常識な

仏教入門

として

今回はこの人に聞いてみましょう。


■その135 アラン・ワッツ



60年代アメリカの精神革命をリードしたカウンターカルチャーの

旗手、アラン・ワッツ(Alan Wilson Watts 1915~1973)は、

ウィトゲンシュタインの哲学や量子力学を学びながら、

仏教を学びました。


生涯25冊以上の著作がありますが、東洋哲学に強く影響を受けて

います。中でも、

『The Philosophies of Asia(アジアの哲学:日本語未訳)』

では、次のようにお釈迦様を讃えています。



仏陀は、極めて巧みな心理学者だった。そして、歴史上初めての

 心理療法士であり、人間の狡猾さや曲がった心の、驚くべき

 理解者であった。




 では、その仏教には何が教えられているのでしょうか?

 いまだにほとんど知られていない秘密を

 以下のサイトにまとめてあります。

 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/143-41f035b6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。