仏教入門127(文学編)ジェームズ・アレン - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 文学 » 仏教入門127(文学編)ジェームズ・アレン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門127(文学編)ジェームズ・アレン

仏教入門

仏教入門(文学編)


仏教と聞くと、そうしき?と思う人が多いですが、

じつはお釈迦様は、一度も葬式をされませんでした。

ではお釈迦様は一体何を教えられたのでしょうか。

仏教の深い内容は人類の到達した最高の思想といわれ、

世界中の有名人・偉人達からほめたたえられています。

このブログでは、仏教の入門としてもいいように、

そんな仏教をほめたたえる言葉を集めてみました。


■その127 ジェームズ・アレン



 西洋で史上二番目のベストセラーは何でしょうか?

 それは、今から100年ほど前、1902年に書かれた

 『原因と結果の法則』だと言われ、未だに読まれ続けています。

 著者のジェームズ・アレン(James Allen 1864~1912)については、

 仏教入門 ジェームズ
 ジェームズ・アレン(Wikipedia)

 余り詳しいことは分かっておらず、イギリスの謎の哲学者とされ

 ています。ただ、15才の時に強盗にあって父親をなくし、大変

 苦労した末、晩年、急に19冊の本を書きました。ところがその

 驚くべき内容は、次の『原因と結果の法則』の「はじめに」にあ

 るように、



 私たちは、自分自身が選び、めぐらしている思いによって、

 自分の人生を創り上げています。心は、人格という内側の衣と、

 環境という外側の衣の双方の、熟練した織り手です。



 「自分の心が自分の人生をつくりだす」という、

 当時の運命論的な雰囲気と一線を画するものでした。

 どうしてこのようなことが書けたのでしょうか。

 おそらくそれは、東洋の思想を学んだものだろうと言われますが、

 実際、『きっと!すべてがうまくいく』という本の中には、次の

 ように書いています。
 


 釈迦は、完璧な平和に満ちた精神世界のビジョンを抱き続け、

 その中に進入しました。

(Buddha beheld the vision of a spiritual world of stainless.

 beauty and perfect peace, and he entered into it.)

 ("As a man thinkth")



 では、その仏教には何が教えられているのか。
 
 以下のサイトにまとめてあります。
 
 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/133-99ff77c5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。