仏教入門126(文学編)ジャック・ケルアック - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 文学 » 仏教入門126(文学編)ジャック・ケルアック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門126(文学編)ジャック・ケルアック

仏教入門

仏教入門(文学編)


仏教と聞くと、そうしき?と思う人が多いですが、

じつはお釈迦様は、一度も葬式をされませんでした。

ではお釈迦様は一体何を教えられたのでしょうか。

仏教の深い内容は人類の到達した最高の思想といわれ、

世界中の有名人・偉人達からほめたたえられています。

このブログでは、仏教の入門としてもいいように、

そんな仏教をほめたたえる言葉を集めてみました。


■その126 米小説家 ジャック・ケルアック




仏教のどんなところに心ひかれましたか?

今回は、アメリカの有名小説家に聞いてみましょう。


当時の若者たちの“心の書”と表現された、

最高傑作『路上』(On the Road)をあらわした

ジャック・ケルアック(Jack Kerouac,1922-1969)

 ケルアック 仏教入門
ジャック・ケルアック(Wikipedia)

は、村上春樹の小説などにも次のように登場します。



「当時彼女はケルアックの小説の世界にのめりこんでいたのだ。

(中略)

いつもポケットに『オン・ザ・ロード』か

『ロンサム・トラヴェラー』をつっこんで、暇があればページをくっていた」

(『スプートニクの恋人』より)



アメリカのロックバンド「ドアーズ」は

「この本を読まなかったらドアーズは誕生していなかっただろう」

とまで語っています。


日本では、昨年改めて新訳が発刊されるなど、今なおその影響は

世界に及んでいます。

そんなケルアックですが、29歳くらいから仏教に関心を持ち始め、

その後の作品では、

『達磨の放浪者』(The Dharma Bums)や

(※『The Dharma Bums』の邦題は『禅ヒッピー』が一般的です。)

『パリでの悟り』(Satori in Paris)など、

仏教用語をタイトルに入れることもあります。


一体ケルアックは、仏教のどんなところに心ひかれたのか、

シンプルな言葉でこんな風に言っています。



「僕はただ仏教の、この世はすべて苦なり

 という真相に心を惹かれただけ。」





 では、その仏教には何が教えられているのか。
 
 以下のサイトにまとめてあります。
 
 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/132-39d30dde

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。