仏教入門125(社会学編) 小室直樹 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 社会 » 仏教入門125(社会学編) 小室直樹

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門125(社会学編) 小室直樹

仏教入門

仏教入門(社会学編)


仏教と聞くと、そうしき?と思う人が多いですが、

じつはお釈迦様は、一度も葬式をされませんでした。

ではお釈迦様は一体何を教えられたのでしょうか。

仏教の深い内容は人類の到達した最高の思想といわれ、

世界中の有名人・偉人達からほめたたえられています。

このブログでは、仏教の入門としてもいいように、

そんな仏教をほめたたえる言葉を集めてみました。


■その125 小室直樹



 京都大学理学部数学科出身の評論家・小室直樹(こむろなおき

  1932~)は、経済学、心理学、社会学、法学、政治学などを

 学び、社会科学の統合、理論化を目ざした奇才です。


 独自の論戦をはることもありますが、社会学・経済学の学説を

 わかりやすく説明することに定評があり、20冊以上の著作が

 あります。その中の一冊、『日本人のための宗教言論』では、

 次のように日本人に警告を発しています。



「宗教がないからカルト教団は簡単に人を殺して勝手に金を奪う。

 こんなにたやすくカルト教団がはびこれる国は他にない。」



 また、逆に、次のようにも言っています。



「仏教の「空」は、人類が到達した最深、最高の哲理であろう。」



 では、その仏教には何が教えられているのか。
 
 以下のサイトにまとめてあります。
 
 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/131-bfaaaa3c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。