仏教入門123(ビジネス編)ロバート・サーマン教授 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » ビジネス » 仏教入門123(ビジネス編)ロバート・サーマン教授

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門123(ビジネス編)ロバート・サーマン教授

仏教入門

仏教入門(ビジネス編)


仏教と聞くと、そうしき?と思う人が多いですが、

じつはお釈迦様は、一度も葬式をされませんでした。

ではお釈迦様は一体何を教えられたのでしょうか。

仏教の深い内容は人類の到達した最高の思想といわれ、

世界中の有名人・偉人達からほめたたえられています。

このブログでは、仏教の入門としてもいいように、

そんな仏教をほめたたえる言葉を集めてみました。


■その123 ロバート・サーマン教授



女優ユマ・サーマンのお父さん・米コロンビア大学のロバート・

サーマン(Robert Thurman 1941~)教授は、米誌『タイム』の

 生きる意味 サーマン
 ロバート・サーマン(右)(Wikipedia)

「アメリカで最も影響力のある二十五人」の一人にも選ばれました。


ハーバード大学の学生だった時、カントやヘーゲル、 ヴィトゲン

シュタイン、ハイデガー、フロイトなどの著作を読んでいるうちに、

西洋哲学には飽き足らないものを感じるようになり、東洋に

自分の 求めているような真実や精神的な師に出会えるのではないか

と思うようになったそうです。


そして、ヘルマン・ヘッセの『シッダールタ』という小説や

いくつかの仏典を読んだことで、仏教には何かがあると

いう確信を深め、本格的に学ぶようになったそうです。

サーマン教授はいいます。


仏教への関心はアメリカにおいて力強い伸びを見せています。

 仏教は宗教というより、むしろ内面の科学、あるいは心理学とし

 て受け止められる傾向があります。

 2001年に同時多発テロが起こった時、仏教に対するアメリカ

 人の反応には若干の変化が見られました。

 あの事件以後、遺憾ながら多くのアメリカ人は暴力を、特にイス

 ラム教徒に対して行使する権利があると考えるようになりました。

 仏教の標榜する非暴力は一種の弱さ、あるいは真に愛国的ではな

 いと見なされることもありました。

 しかし、より知的で良識のある人々は、テロリストの攻撃に対し

 報復的な暴力で応じることは、本質的な意味では何事も成し遂げ

 得ないと認識するようになりました。

 単に膨大な出費と罪のない市民を巻き込む非人道的な殺戮をもた

 らすだけであると。

 ですから今日では仏教的な非暴力主義を一層高く評価する人が増

 えていると思います


 では、その仏教には何が教えられているのか。
 
 以下のサイトにまとめてあります。
 
 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/129-b2a57770

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。