仏教入門120(ビジネス編)スティーブン・コヴィー - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » ビジネス » 仏教入門120(ビジネス編)スティーブン・コヴィー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門120(ビジネス編)スティーブン・コヴィー

仏教入門

仏教入門(ビジネス編)


仏教と聞くと、そうしき?と思う人が多いですが、

じつはお釈迦様は、一度も葬式をされませんでした。

ではお釈迦様は一体何を教えられたのでしょうか。

仏教の深い内容は人類の到達した最高の思想といわれ、

世界中の有名人・偉人達からほめたたえられています。

このブログでは、仏教の入門としてもいいように、

そんな仏教をほめたたえる言葉を集めてみました。


■その120 スティーブン・コヴィー



あなたは、仏教を実践している人は、お金がないか、或いはよくて

お金がなくても満足できるようになるのではないかと思っていない

でしょうか。では、お金持ちの人にどうやってお金を手に入れたの

か、聞いてみましょう。

ビジネス書では、全世界史上最高の大ベストセラーとなった『七つ

の習慣』は、スティーブン・コヴィー(Stephen Covey 1932~)博士

 コヴィー 仏教入門
 スティーブン・コヴィー(Wikipedia)

が、過去250年間の自己啓発書を体系的にまとめたものです。

(その七つの習慣は、以下の通りです。)



『七つの習慣』

私的成功(依存→自立)

第一の習慣 主体性を発揮する

第二の習慣 目的をもって始める

第三の習慣 重要事項を優先する

公的成功(自立→協力)

第四の習慣 WinWinを考える

第五の習慣 理解してから理解される

第六の習慣 相乗効果を発揮する

再新再生(1~6の習慣の研鑚)

第七の習慣 刃を研ぐ


そのすべての習慣の目的であり、人生において最も崇高な活動と

位置づけられている、第六の習慣『相乗効果を発揮する』は、人と

人とが団結することによって、人々に内在する大きな力を奇跡的に

引き出すことです。ところがコヴィーは、



『これを仏教では(妥協ではなく)中道と呼ぶ』



と言い、仏教の中道を目指すべきものとしており、特に第四から第

六の習慣は、仏教では、相手を幸せにするままが自分が幸せになる

「自利利他」ということです。コヴィーは単にお金を手に入る単純

な成功者ではなく、人格的な向上を含んだ真の成功を目指し、実は

他の習慣にも、暗に仏教的アプローチがとられています。

 では、その仏教には何が教えられているのか。
 
 以下のサイトにまとめてあります。
 
 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/126-cceb964c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。