仏教入門119(芸術編)リヒャルト・ワーグナー - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 芸術 » 仏教入門119(芸術編)リヒャルト・ワーグナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門119(芸術編)リヒャルト・ワーグナー

仏教入門

仏教入門(芸術編)


仏教と聞くと、そうしき?と思う人が多いですが、

じつはお釈迦様は、一度も葬式をされませんでした。

ではお釈迦様は一体何を教えられたのでしょうか。

仏教の深い内容は人類の到達した最高の思想といわれ、

世界中の有名人・偉人達からほめたたえられています。

このブログでは、仏教の入門としてもいいように、

そんな仏教をほめたたえる言葉を集めてみました。


■その119 リヒャルト・ワーグナー



 クラシックの世界に熱狂的なファンを持つ、リヒャルト・ワーグナー

 仏教入門 ワーグナー
 リヒャルト・ワーグナー(Wikipedia)

(Wilhelm Richard Wagner, 1813~1883)は、オペラの名作

 を幾つも残したことで知られます。ニーベルングの指輪は、演奏

 に四晩かかる、史上最大の音楽作品であり、ローエングリーンの

 「婚礼の合唱」は、誰もが一度は耳にしたことのある結婚行進曲

 です。

 ところが、古代印度の生活、中でも特に仏陀および托鉢僧から深

 い影響を受けたと述べ、最後の作品、パルジファルは、もともと

 仏教劇として構想されていました。結局はそうなりませんでした

 が、輪廻の問題を取り入れています。

 また、未完成の作品「勝利者」は仏教の資料によって、美男にし

 てお釈迦様の十大弟子の一人、阿難に恋した不可触民の美しき少

 女プラクリティの伝説を扱い、次のように言っています。



 (仏教のような)世界観に比べると、どんな教説でもおそらく偏

 狭で、固陋と思われないわけには行くまい。



 固陋(ころう)……見聞が狭くてかたくなであること。

 古いことに頑固に執着し、新しいものを嫌うこと。(広辞苑)


 では、その仏教には何が教えられているのか。
 
 以下のサイトにまとめてあります。
 
 仏教に学ぶ生きる意味

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/125-7203c48f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。