仏教入門116(文学編)ゲーリー・スナイダー - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 文学 » 仏教入門116(文学編)ゲーリー・スナイダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門116(文学編)ゲーリー・スナイダー

仏教入門

仏教入門(文学編)


仏教と聞くと、そうしき?と思う人が多いですが、

じつはお釈迦様は、一度も葬式をされませんでした。

ではお釈迦様は一体何を教えられたのでしょうか。

仏教の深い内容は人類の到達した最高の思想といわれ、

世界中の有名人・偉人達からほめたたえられています。

このブログでは、仏教の入門としてもいいように、

そんな仏教をほめたたえる言葉を集めてみました。


■その116 ピュリッツアー賞詩人
  ゲーリー・スナイダー



ゲーリー・スナイダー(Gary Snyder,1930-)は、20世紀アメリカを

代表する詩人。代表作の詩集『亀の島』で、ピュリッツアー賞を

受賞しています。仏教に関心を寄せ、1956年から1968年までの大半は

京都に滞在し、相国寺や大徳寺で臨済禅を学んだ。ちなみに

宮沢賢治「春と修羅」の詩の英訳なども行っています。

地域に根ざした環境保護運動を展開し、

『地球の家を保つには――エコロジーと精神革命』の中では

こう語っています。



「僕は生命の神秘を思う仏教徒として、

 さまざまな生き物を守る側に立っている。」



 では、その仏教には何が教えられているのか。
 
 以下のサイトにまとめてあります。
 
 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/122-ba2d9667

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。