仏教入門115(ビジネス編)土井利忠 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » ビジネス » 仏教入門115(ビジネス編)土井利忠

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門115(ビジネス編)土井利忠

仏教入門

仏教入門(ビジネス編)


仏教と聞くと、そうしき?と思う人が多いですが、

じつはお釈迦様は、一度も葬式をされませんでした。

ではお釈迦様は一体何を教えられたのでしょうか。

仏教の深い内容は人類の到達した最高の思想といわれ、

世界中の有名人・偉人達からほめたたえられています。

このブログでは、仏教の入門としてもいいように、

そんな仏教をほめたたえる言葉を集めてみました。


■その115 CDを開発した技術者
土井利忠



 
CDを開発したソニーの技術者・土井利忠(どいとしただ 1942~)

氏は、ロボット犬AIBO、二足歩行ロボットQRIOの開発も手がけました。

多くの著作があり、2006年6月にソニーを退職し、現在は執筆活動を

中心に行っています。


世界をリードするホームエレクトロニクスメーカーの中枢で、研究

開発の先陣を切ってきた土井氏の結論は、最先端の量子力学理論も、

仏教の深遠な宇宙観の一部を切り取ったものにすぎない、

ということでした。


プレジデント誌に『「仏教の宇宙観」は量子力学の世界に通ず』と、

次のように論じています。
 


従来は、宗教と科学というと、両極端にあり、対立するもの、

そして相容れないものと考えられてきた。

たしかに、「ニュートン力学」のレベルの科学は、宗教とは相容れない。

そして、一般の人が心の中に持っている「科学」という概念は、

実はほとんどの場合「ニュートン力学」のレベルにとどまっている。

だから、宗教と科学が対立して見えるのだ。

二〇世紀に入ってから、科学は大きな変容を遂げた。

アインシュタインの「一般相対性理論」や、素粒子の物理学である「量子力学」など、

従来の「ニュートン力学」の概念を大幅に塗り替える理論が確立したからだ。

とくに「量子力学」は、少し深く読むと宗教的な概念と

決して矛盾しないような解釈が可能になってくる。



 では、その仏教には何が教えられているのか。
 
 以下のサイトにまとめてあります。
 
 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/121-353e493c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。