仏教入門114(日本史編)華道 池坊専応 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 日本史 » 仏教入門114(日本史編)華道 池坊専応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門114(日本史編)華道 池坊専応

仏教入門

仏教入門(日本史編)


仏教と聞くと、そうしき?と思う人が多いですが、

じつはお釈迦様は、一度も葬式をされませんでした。

ではお釈迦様は一体何を教えられたのでしょうか。

仏教の深い内容は人類の到達した最高の思想といわれ、

世界中の有名人・偉人達からほめたたえられています。

このブログでは、仏教の入門としてもいいように、

そんな仏教をほめたたえる言葉を集めてみました。


■その114 華道 池坊専応




 日本の文化の一つ、華道は、古くは仏前に供えた花が起源です。

今に伝わる伝統的な池坊(いけのぼう)は、聖徳太子ゆかりの六角堂に、

 仏教入門 六角堂
 六角堂(Wikipedia)

僧が花を供えたことから始まります。

池坊十二世専慶は立花の名手として知られ、

池坊十三世専応が度々宮中に招かれて花を立て『池坊専応口伝』を

著して立花の理論と技術を体系化しました。

その中に、生け花を極楽浄土の情景にたとえています。



誠に安養界(極楽浄土)の宝珠宝池もここを去ること遠からずして、

華厳世界に吹く風も瓶の上にぞにおいくる『専応口伝』



高度経済成長くらいまでは、お茶もお花も、花嫁修業の必修科目と

して、若い女性が会社帰りに習ったものでした。


 このように日本文化に大きく影響を与えている仏教には

 本来、一体何が教えられているのでしょうか。
 
 以下のサイトにまとめてあります。
 
 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/120-618597d6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。