仏教入門112(文学編)真継伸彦 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 文学 » 仏教入門112(文学編)真継伸彦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門112(文学編)真継伸彦

仏教入門

仏教入門(文学編)


仏教と聞くと、そうしき?と思う人が多いですが、

じつはお釈迦様は、一度も葬式をされませんでした。

ではお釈迦様は一体何を教えられたのでしょうか。

仏教の深い内容は人類の到達した最高の思想といわれ、

世界中の有名人・偉人達からほめたたえられています。

このブログでは、仏教の入門としてもいいように、

そんな仏教をほめたたえる言葉を集めてみました。


■その112 作家 真継伸彦



 元・姫路獨協大学教授、真継伸彦(まつぎのぶひこ 1932~)氏は、

 学生時代はヨーロッパ思想一辺倒だったものの、25才頃に歎異

 鈔に出会い、その後は仏教に打ち込んみました。

 やがて『親鸞』という小説を書いています。



 浄土、日蓮、天台、真言、禅など様々にさまざまに対立する在家

 仏教がすでに成立しているなかで、なぜとくに親鸞から学ぼうと

 するのかという選択の問題については、個人的な動機がある。私

 はおなじ動機から『歎異鈔』を訳出し、読者にあらかじめ読んで

 もらおうと思う。というのは、私はもう二十年ちかく前、二十代

 なかばのころに『歎異鈔』を読んで、救われた思いをしたことが

 あるからである。



 では、その仏教には何が教えられているのか。
 
 以下のサイトにまとめてあります。
 
 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/118-b0b5e32c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。