仏教入門105(芸術編)槇原敬之 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 芸術 » 仏教入門105(芸術編)槇原敬之

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門105(芸術編)槇原敬之

仏教入門

仏教入門(芸術編)


仏教と聞くと、そうしき?と思う人が多いですが、

じつはお釈迦様は、一度も葬式をされませんでした。

ではお釈迦様は一体何を教えられたのでしょうか。

仏教の深い内容は人類の到達した最高の思想といわれ、

世界中の有名人・偉人達からほめたたえられています。

このブログでは、仏教の入門としてもいいように、

そんな仏教をほめたたえる言葉を集めてみました。


■その105 槇原敬之



SMAPが歌ってヒットした

「♪世界に一つだけの花」や、

「♪どんなときも」

「♪もう恋なんてしない」など多くのヒットソングを持つ、

シンガーソングライター・槇原敬之(まきはらのりゆき 1969~)。

かつては日常の恋愛がテーマの曲が多くありましたが、最近は

「世界に一つだけの花」や

「僕が一番欲しかったもの」など、

生きることや人間のアイデンティティがテーマの曲、

本人いわく“ライフソング”を発表しています。

しかも、雑誌のインタビューで次のように語っていました。



生き死にを考えるようになった。僕の好きなお坊さんの言葉に『他

事を学ぶ前に、まず臨終を学べ』っていうのがあって。必ず訪れる

“死”と、きちんと向き合えってことです。

(中略)

仏典って、僕にとっての新しいモノサシになってる。それでいて僕

の歌がジジくさくならないのは、仏典がいつまでも古くならない

“魂の設計図”だからだと思う。

(情報マガジン『R25』2007年11月1日号)



 では、その仏教には何が教えられているのか。
 
 以下のサイトにまとめてあります。
 
 仏教に学ぶ生きる意味

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/111-43531bce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。