仏教入門103(芸術編)三國連太郎 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 芸術 » 仏教入門103(芸術編)三國連太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門103(芸術編)三國連太郎

仏教入門

仏教入門(芸術編)


仏教と聞くと、そうしき?と思う人が多いですが、

じつはお釈迦様は、一度も葬式をされませんでした。

ではお釈迦様は一体何を教えられたのでしょうか。

仏教の深い内容は人類の到達した最高の思想といわれ、

世界中の有名人・偉人達からほめたたえられています。

このブログでは、仏教の入門としてもいいように、

そんな仏教をほめたたえる言葉を集めてみました。


■その103 俳優 三國連太郎




 俳優、三國連太郎(みくに れんたろう 1923~)は、『ビルマ

 の竪琴』『はだしのゲン』など有名な映画に出演しています。現

 在も『釣りバカ日誌』では、スーさん、『美味しんぼ』では、海

 原雄山などで活躍中。撮影所では、スタッフの安全の為に釘を拾

 ってくれたりする人柄とか。そんな三國連太郎が、原作、脚本、

 監督、出演したライフワークがあります。しかも、カンヌ国際映

 画祭で審査員特別賞を受賞しました。それはなんと、映画『親鸞・

 白い道』です。一体なぜでしょうか。

 次のように語っています。



 私が一番感動するのは、『教行信証』の冒頭の言葉です。親鸞の

 すべてが、冒頭の十行か二十行に尽くされているような気がする

 んです。



 では、その教行信証には何が教えられているのか。
 
 以下のサイトにまとめてあります。
 
 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/109-b0d8c239

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。