仏教入門102(文学編)アレン・ギンズバーグ - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 文学 » 仏教入門102(文学編)アレン・ギンズバーグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門102(文学編)アレン・ギンズバーグ

仏教入門

仏教入門(文学編)


仏教と聞くと、そうしき?と思う人が多いですが、

じつはお釈迦様は、一度も葬式をされませんでした。

ではお釈迦様は一体何を教えられたのでしょうか。

仏教の深い内容は人類の到達した最高の思想といわれ、

世界中の有名人・偉人達からほめたたえられています。

このブログでは、仏教の入門としてもいいように、

そんな仏教をほめたたえる言葉を集めてみました。


■その102 詩人 アレン・ギンズバーグ




アレン・ギンズバーグ(Irwin Allen Ginsberg,1926-97)はアメリカ

仏教入門 ギンズバーグ
アレン・ギンズバーグ(Wikipedia)

の詩人。50年代アメリカの文学ムーブメントの中核的存在だった。

詩集『吠える』は、ジャック・ケルアックの小説『オン・ザ・ロード』と

ともに、70年代のヒッピーたちの教科書の役割を果たし、20世紀

後半の北米の精神的傾向に一つの決定的な側面を与えた。

ポール・マッカートニーやジョン・レノンとも親交があり、やがて

ノーベル文学賞にノミネートされる歌手ボブ・ディランにも大きな

影響を及ぼしている。


行動派の人として知られ、

“学識に飾られた書き言葉に、路上の声を!!”

“ベトナム戦争に、反対の声を!!”

“キリスト教文化に、仏教の文化を!!”

……そのほか、同性愛者差別反対、反戦運動、白保の珊瑚礁保全運動、

反原発……など、“政治的行動する詩人”というイメージが強い。

肝臓ガンで亡くなる約1年前には、雑誌『Esquire』(1996年3月号)

<特集/Where Are We Going?21世紀の大予測>のインタビュー

のなかで、こう語っています。



「仏教的な考え方こそ未来を開く答えだと思う」



 では、その仏教には何が教えられているのか。
 
 以下のサイトにまとめてあります。
 
 仏教に学ぶ生きる意味

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/108-c6f9f1c1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。