仏教入門100(哲学編)光は東方から - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 哲学 » 仏教入門100(哲学編)光は東方から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門100(哲学編)光は東方から

仏教入門

仏教入門(哲学編)


仏教と聞くと、そうしき?と思う人が多いですが、

じつはお釈迦様は、一度も葬式をされませんでした。

ではお釈迦様は一体何を教えられたのでしょうか。

仏教の深い内容は人類の到達した最高の思想といわれ、

世界中の有名人・偉人達からほめたたえられています。

このブログでは、仏教の入門としてもいいように、

そんな仏教をほめたたえる言葉を集めてみました。


■その100 光は東方から




 西洋哲学の起源であるギリシア哲学は、なぜ生まれたのでしょう

 パルテノン神殿 仏教入門
 パルテノン神殿(Wikipedia)

 か。それは、東洋から学んだから、というのは今日定説です。

 地中海文明は、アジアから学んで、ポリスを形成し、発展してゆ

 きました。初めて哲学が生まれたのは、西アジアのイオニア地方

 にある商業都市ミレトスです。商業による東洋との接触により、

 西洋哲学が生まれたのです。



 ギリシア人自身は、哲学が彼らの独創だとは考えていなかった。

 彼等は哲学はギリシアの外部の起源、つまり一般には東方から生

 じたものだと考えていた。(ジュリア・アナス『古代哲学』)



 その後もアレクサンドロス大王の遠征によるヘレニズム文化に、

 大きな影響を与えています。その後、キリスト教を国教とし、約

 千年程停滞してしまったローマ帝国が、ルネッサンスによって、

 近代へと歩み始めることができたのも、翻訳されてビザンツ帝国

 に残っていたギリシア哲学が再び入ってきたからです。
 
 弁証法で有名なドイツの大哲学者ヘーゲルは、次のように分析しています。


ヘーゲル 仏教入門 世界史は東から西へと向かいます。

 ヨーロッパは文句なく世界史の終わりであり、

 アジアは始まりなのですから。

 (岩波文庫『歴史哲学講義』ヘーゲル著)

 ヘーゲル(Wikipedia)


 光は東方から(ローマのことわざ)



 と遠い昔からローマには言い伝えられています。


 では、その仏教には何が教えられているのか。
 
 以下のサイトにまとめてあります。
 
 仏教に学ぶ生きる意味


スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/106-94aed60d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。