仏教入門98(文学編)堀田善衛 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 文学 » 仏教入門98(文学編)堀田善衛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門98(文学編)堀田善衛

仏教入門

仏教入門(文学編)


仏教と聞くと、そうしき?と思う人が多いですが、

じつはお釈迦様は、一度も葬式をされませんでした。

ではお釈迦様は一体何を教えられたのでしょうか。

仏教の深い内容は人類の到達した最高の思想といわれ、

世界中の有名人・偉人達からほめたたえられています。

このブログでは、仏教の入門としてもいいように、

そんな仏教をほめたたえる言葉を集めてみました。


■その98 芥川賞作家 堀田善衛



映画「モスラ」の原作に関わり、アニメ監督の宮崎駿が「もっとも

尊敬し、影響を受けた小説家」の一人だと言う堀田善衛(ほった

よしえ 1918-1998)は、『広場の孤独』で第26回芥川賞を受賞。


『ゴヤ』では、大佛次郎賞・ロータス賞を受賞など、多くの小説や

エッセイを残し、国際的な視野を持つ文学者として評価されていま

す。それというのも、生家が当時、日本海航路の重要な地点であっ

た伏木港(富山県高岡市)の廻船問屋であった為、幼い頃から国際

的な感覚が養われたと言われます。


毎日出版文化賞を受賞し、宮崎駿が長年アニメ化を検討していた

『方丈記私記』の一節では、権力と決別し、民衆に飛び込んで、

苦しみ悩める者の救済に突き進む親鸞聖人について

こう書いています。



親鸞は宗教者として真の発足をするにあたって、つまりは教行信証

の末尾に、朝廷一家に対する絶縁状、激烈な弾劾を叩きつける。

「主上臣下、法にそむき義に違し、いかりをなしうらみをむすぶ。」

主上は天皇、臣下は貴族たちである。そうして、今様に言えば民衆

のなかに入って行く。

中略(…そして、最後は次のように結論しています。)

「身みずから、罰せられて世に出て衆生救済そのものと化した人と

 しての親鸞が見えている」



 では、その親鸞聖人は何を教えられたのでしょうか。
 
 以下のサイトにまとめてあります。
 
 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/104-b7e146aa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。