仏教入門96(文学編)上田紀行氏 - 仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に!

仏教入門-非常識な10の質問を世界の天才100人に! ホーム » スポンサー広告 » 文学 » 仏教入門96(文学編)上田紀行氏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教入門96(文学編)上田紀行氏

仏教入門

仏教入門(文学編)


仏教と聞くと、そうしき?と思う人が多いですが、

じつはお釈迦様は、一度も葬式をされませんでした。

ではお釈迦様は一体何を教えられたのでしょうか。

仏教の深い内容は人類の到達した最高の思想といわれ、

世界中の有名人・偉人達からほめたたえられています。

このブログでは、仏教の入門としてもいいように、

そんな仏教をほめたたえる言葉を集めてみました。


■その96 生きる意味 上田紀行氏



 2006年度大学入試問題NO.1となった『生きる意味』を書

 いた上田紀行(うえだのりゆき 1958~)氏は、東大大学院で文

 化人類学を専攻し、現在東工大で助教授として価値システムを専

 攻しています。
 

 氏は同書で、経済不況よりもはるかに深刻なのは、「生きる意味

 の不況」であり、その原因は、偏差値偏重等、西洋合理主義によ

 る数値による効率化だったと論じています。

 この解決として、思いやりのあるコミュニティーの中で、逆に、

 自分自身の苦悩と向き合い、苦悩の意味を探求することで、自分

 が本当に何を求めているかが分かる、と熱く提言し、そうして、

 これからは、量よりも質を大切にする時代に入るとしています。

 ところがこの本の終わりの方に、これは仏教の考え方に近いと、

 次のように書かれています。



 (仏教は)現実の「苦」から出発してその原因を探求し、そこ

 から苦悩を脱した状態に至ろうという教えは、「苦悩を単に除

 去するのではなく、苦悩のに向かい合う」ことから「生きる意

 味」を再構築すし、「内的成長」をもたらす、というこれまで

 述べてきた筋道に非常に近いものだ。



 人々の苦しみの原因は認識の誤りによる。その誤りとは「諸行

 無常」(すべての物は変化する)と「諸法無我」(すべての物

 は関係性の中にある)という現実を知らないことだ。

 「私」も他との関係の中で生きている。この関係性の法則を仏

 教では「縁起」と呼ぶが、私は縁起的な存在ある。……
 

 
 では、その仏教には何が教えられているのか。
 
 以下のサイトにまとめてあります。
 
 仏教に学ぶ生きる意味
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifemeaning.blog126.fc2.com/tb.php/101-ead500a4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。